Uber Eats

【埼玉の評判まとめ】Uber Eats配達パートナー/副業の評判・口コミ、埼玉エリア編

好きなときに好きなだけ配達ができるUber Eatsの配達パートナー。新しいカタチの副業として、東京都内を中心に人気を集めています。今回は2018年9月にサービスを開始したUber Eats埼玉の評判と口コミをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

埼玉Uber Eatsの配達パートナー/副業事情

埼玉にお住まいの方においても、Uber Eatsの配達パートナーをはじめてみようという声は少なくありませんが、本当に稼げるか不安に思う人も多いでしょう。

結論からお伝えすると、埼玉県でもUber Eatsで稼ぐことは可能です。ただし、2018年12月現在、サービス開始されてから3カ月しか経っていないこともあり、まだまだ認知されていないのも事実です。

加盟店舗数は80店以上と多いため、これから利用者が増えていくことが期待できるでしょう。ピザやお寿司はもちろん、マクドナルドなどのチェーン店も加盟されているため、認知度が上がるのも時間の問題かもしれません。

埼玉のUber Eats対象範囲・エリア

画像引用:ウーバーイーツ公式

埼玉Uber Eatsの対象範囲は2018年12月現在『さいたま市』圏内のみとなっています。主な地区は大宮区、浦和区、中央区の3つです。詳細な駅名は下記をご覧ください。

  • 大宮区
    さいたま新都心駅、大宮駅、鉄道博物館駅、大宮公園駅、北大宮駅、北与野駅
  • 浦和区
    浦和駅、北浦和駅、川口駅、東川口駅、西川口駅
  • 中央区
    南与野駅、与野駅、与野本町駅

埼玉県の主要な駅は、対象範囲内です。もしご自宅が範囲内であれば、一度Uber Eatsに登録して挑戦してみる価値はあるでしょう。Uber Eatsでは注文者が屋外でも配達可能ですので、公園などが多いさいたま市は、ピクニックシーズンを中心にニーズが高まることが予想されます。

エリアや範囲については下記記事でも詳細に解説しています。

【埼玉エリアの範囲】UberEats配達パートナー/副業のエリア・範囲について解説、埼玉エリア編(※2019年7月更新)新しいデリバリースタイルとしても、副業としても話題のUberEats。2018年9月26日よりとうとう全国で7番...

配達可能時間

UberEatsのシステム上における配達可能時間は8時~25時です。ただしエリアや加盟しているレストランによっても時間が異なるので注意しましょう。

好きなときに好きなだけ稼げるため、その気になれば朝9時から夜の24時までがっつりと稼働することもできます。もし少ない時間で効率良く稼ぎたい人は、11時~13時のランチタイムや、18時~20時頃のディナータイムを狙うといいですよ。自分の都合に合わせてお小遣い稼ぎができるのがUber Eatsのメリットですからね。

Uber Eatsを思う存分活用して、埼玉県で効率よく稼ぎましょう。

配達可能な時間に関しては、下記記事で詳細に解説しています。

【時間】Uber Eats配達パートナー/副業は、何時から何時まで稼働可能?面倒な就業規則や人間関係を気にすることなく自分のペースで配達できる、ということで巷に広がりつつあるUber Eatsの配達パートナー。 ...

それでは、
本題である埼玉エリアの口コミ・評判を見ていきましょう。

Uber Eats埼玉の評判・口コミ

前向きな評判

Uber Eats埼玉はサービスが開始されたばかりで、配達パートナーが不足気味なようです。パートナーが不足しているということは、それだけライバルも少なく仕事が回ってきやすいといえます。

まだまだ認知度が低い埼玉だからこそ、登録するなら今がねらい目なのかもしれません。場所によっては仕事が多くても同様にパートナーも多くて、全然稼げないというケースも少なくないようです。

早いうちにUber Eats埼玉に登録して、効率のいい稼ぎ方を知っておくのも1つの手といえるでしょう。仕事が入りやすい場所や時間帯や、疲れずに早く届けられる近道などを知ればUber Eatsの報酬は上がっていきますからね。

やり方次第では、Uber Eats埼玉でも時給1,000円は超えられます。好きなときに好きな服装で、好きなだけ配達可能で、しかも時給換算で1,000円というのはなかなか嬉しいですよね。一般的なアルバイトであれば、苦労することはたくさんあります。次のような思いをしたことはありませんか?

  • 店長から理不尽に怒られた
  • どれだけ長く一生懸命働いても時給があがらない
  • パートさんとの人間関係がうまくいかない
  • 堅苦しい制服をきなければいけない
  • 都合が悪くなって休みたくても休めない
  • お昼休みが夕方ごろになってしまう

少しあげただけでも、大変な点はたくさんあります。普段働いていると当たり前のように思えてきますが、大変な仕事であることに変わりはありません。一方、Uber Eatsではパートナー自身が個人事業主の扱いであるため、より自由に活動することができます。

  • 配達は基本的に1人で完結
  • 配達をしたいタイミングで始められる
  • 頑張れば頑張るほど報酬があがる
  • 体調がわるいときは配達をしない
  • 疲れたときはいつでも休憩(終了)ができる
  • 服装自由
  • 運動になる

Uber Eatsであれば自由なスタイルで挑むことができます。もちろんオーダーが少ないときは報酬が減りますが、好きなときに好きなだけ配達できるというワークスタイルは、精神的なメリットが大きいです。

埼玉県の最低賃金は898円。慣れてくるとUber Eatsの方が割のいい結果となることも多いようです。埼玉県の土地をよく知っているのであれば、効率のいいルートで届けることができるので時給換算のUPにも繋がります。

状況にもよりますがUber Eats埼玉でも1日に1回の配達で8000円以上稼ぐこともできます。なぜ少ない配達回数で高額な報酬を得られることができたのでしょうか?

それはUber Eatsの収入保証インセンティブを活用しているからです。収入保証インセンティブとは、アプリを起動し待機しているのにも関わらず仕事がはいってこないときに、報酬が支払われる仕組みになります。

時間や場所にもよりますが、インセンティブをうまく使えば効率的に稼ぐことができますよ。

後ろ向きな評判

Uber Eats埼玉はサービス開始されたばかりということもあり、認知度が低いのも事実です。東京都内に比べたら利用者も多いとはいえないかもしれません。

Uber Eatsは時間帯や場所、タイミングによってオーダーの量が大きく変わってきます。日によっては稼ぎが少なくなることも覚悟しておくことも必要です。ですが、オーダーが多いときには時給換算で2,000円~3,000円のときも少なくありません。

Uber Eatsをある程度利用してしてコツが掴めてくれば、必然と報酬も上がってくることでしょう。

自宅が対象範囲外の人だと、待機する場所に困る人も少なくないようです。通常であれば、家で待機し、仕事がはいってくれば自転車で出かければ問題ありません。ですが、自宅が対象範囲外だと仕事を受け取れないため、範囲内の場所に移動する必要があります。

さいたま市のなかでも対象範囲外の地域もあるため、あらかじめチェックしておくといいでしょう。もし自宅が対象範囲外の場合は、待機できる場所を探しておくことをオススメします。

まとめ

2018年9月にサービスが開始されたUber Eats埼玉はまだまだ認知度が低く、提携店舗や消費者が少ないと同時に、配達パートナーも不足している現状です。

ただし加盟店は80店をこえ今後も拡大していくことが期待できるため、少しでも気になる方は今のうちに登録しておくことをオススメします。配達パートナーが少ないということは、自分に仕事が入りやすい状況、ということでもあります。

やり方次第では時給1,000円を超えることはもちろん、1日で8,000円以上稼ぐことも難しくはありません。今のうちから埼玉のUber Eatsに登録して、効率のいい稼ぎ方を見つけましょう。

 

その他、Uber Eats配達パートナー/副業をはじめるのに必要な知識など、初心者向けの情報を網羅した下記記事もご参考ください。

【特集記事】Uber Eats配達パートナー/副業で稼ぐための実践ガイドへ

 

また、
Uber Eats配達パートナーをはじめてみよう!と思った方は、下記の公式募集ページへ進んでみましょう。

【公式サイト】Uber Eats配達パートナー公式募集ページへ

全国版の口コミ・評判まとめ記事はこちら