Uber Eats

【評判&登録方法】和光市(埼玉県)でUberEats(ウーバーイーツ)配達パートナーが開始!評判や登録方法を解説します

今回はUberEats埼玉の新エリア、和光市の2019年11月1日追加アップデートにおける概要や口コミ、ざっくりとした登録方法などをおさらいしてみたいと思います。市内や周囲にお住まいでの副業やアルバイト感覚に、UberEatsへ興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

新エリア和光市について

和光市のエリア範囲

2019年11月1日のアップデートから、和光市においてもUberEats加盟レストランの注文利用や配達パートナーとしての配達が可能となります。

和光市は人口およそ8万3000人の、東京都に隣接する工業都市です。自動車メーカーであるホンダ技研との結びつきが強い市のようで、東に板橋区、南に練馬区と隣接しており、その位置関係からベッドタウンとしての役割も大きいようですね。

 

画像引用:ubereats.com

今回追加のエリアでは、埼玉県内だと新たに追加される和光市のほかにも、

  • 草加市
  • 新座市
  • 朝霞市
  • 志木市

といった東京都と隣接する、埼玉県南部の一部地域も含まれています。関東だと荒川以南の新座市周辺、立川市周辺、草加市といった大きく3つのエリアが追加されており、配達の選択肢やオーダー数の増加など、注文者にとっても配達パートナーにとっても、より利用しやすくなるアップデートになりそうですね。

 

和光市追加に関する評判・口コミは・・・?

荒川を越えた都内方面での配達を望む人は多いようで、それなりの関連ツイートも見かけることが出来ます。

仮に新エリアでの配達オーダーが思わしくなくても、23区へ移動しやすい位置関係でありますが、逆を言えば新エリア一帯で配達したいにもかかわらず、そのまま都心へと吸い込まれてしまう可能性もあるので、付近の配達パートナーのツイートなどもチェックしておきたいところです。

 

板橋区や練馬区にほど近い位置ながらも、ブーストの関係からなのか埼玉県内での配達を望む人も多いようです。意外にも急勾配やアップダウンも多いようで、お店も住宅も少ないいわゆる空白地帯も一部に存在することから、自転車だと辛い場面も出てきそうですね。

 

配達パートナーの登録の流れをざっくりとご紹介

和光市のエリア追加に際して、UberEatsで配達をしてみようと検討されている方向けに、以下では配達パートナーの登録手順をざっくりとご紹介してみようと思います。とくに難しい点などはなく、ページの指示に従っていけばすんなり登録できるハズ。

大まかには、

  1. Web上でまずUberアカウント作成(仮登録)
  2. お近くのUberEatsパートナーセンターで各種手続き・バッグの受け取り(本登録)

という流れで完了します。

書類の確認待ち時間や本登録会場の移動時間を除けば、実際に入力したり手続きに要する時間はおよそ1時間程度です。

必要なのはスマートフォンと自転車(原付バイク)だけ。とくに入会費や年会費も必要なく、バッグの代金も配達報酬から立て替える方式であるため、配達自体は一円も出さずに始めることができます(※立て替えたお金もバッグの返却時に返してくれます)。退会時の手続きもとくに必要無く、アプリを削除するだけでOK。

それでは見てみましょう。

1.Web上でUberアカウントを作成

Uberサイト画像

各種アカウント情報の入力

まずはUberの公式ページよりパートナーアカウントの作成を行い、パートナー登録に必要なユーザー情報の入力を進めていきます。

氏名や選択都市などはローマ字で記入すると外国人のお客さんにも分かりやすくなり、また電話番号はSMS認証が求められることもあるため、配達で利用予定の080~、090~で始まるスマホの番号を使うのが望ましいです。

招待コードは(InviteCode)は任意の入力です。時期にもよりますが登録者側にもメリットがあるとのことで、お気に入りの配達パートナーさんやブログで公開されているコードを入力しても良いかもしれません。友達を招待して山分けする、といった使い方が良いのではないでしょうか。

本人確認書類のアップロード

各種情報の入力が完了したら本人確認書類に加え、プロフィール用画像もアップロードします。ときには一人暮らしの女性が玄関を開けることもあるわけですから、安全面から必要な情報であることには間違いないでしょう。

アップロードで必要な画像は、自転車か原付バイクによって書類の内容が少し異なります。記入事項やアップロード画像の確認がUberにより行われ、問題が無ければおおよそ1~2週間程度でWeb上での仮登録が完了します。

自転車で配達する場合は?

本人確認書類として有効なものは、

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード

また学生の方であれば、

  • 学生証+健康保険証の画像

でも登録可能になりました。

ドライバープロフィール用の画像はバストアップで、

  • 無帽で正面をみたもの、顔全体及び肩口まで写っているものをご用意ください。サングラスやマスク着用の写真は不可です。
  • 背景に物や影が写っていないものをご用意ください。運転免許書等をコピーしたものはご利用できません。

といった条件が設定されています。

原付バイクで配達する場合は?

配達に原付バイクを利用する際には、上記の身分証明書の画像・プロフィール画像に加え、

  • 運転免許証
  • 自賠責保険証書
    ※自賠責保険証書には車両のナンバーが記載されている必要があります。記載のない場合には保険会社に追記をご依頼ください。

これらの追加アップロードが必要となります。

 

本登録時の際にスタッフが案内をしてくれますが、書類確認を待つ間にドライバーアプリをインストールしておいてもよいかもしれません。

GooglePlayやAppStoreなどで『Uber Driver』や『Uber ドライバー』と検索すると出てきます。

2.お近くのパートナーセンターで本登録

Web上での仮登録が完了すると、本登録&ウーバーイーツバッグの受け取りのために、一度だけお近くのUberEatsパートナーセンターへ向かう必要があります。

事前の予約などは必要なく、全国どこのパートナーセンターへ行っても大丈夫なのですが、和光市であれば新宿パートナーセンターが最寄りではないでしょうか。

※2019年8月のエリア追加の際には、八王子市や町田市、千葉市といった23区のパートナーセンターから距離がある地域にお住まいの方向けに、それぞれの3地域に期間限定でパートナー登録専用事務所が開設されていました。期間は1~2週間のうち週末3、4日程度とわずかですが、今回のアップデート直後に新座・和光市周辺でも臨時の事務所が設けられる可能性も十分に考えられるため、わざわざ23区まで出向くのが億劫だという方は、公式の情報をチェックしておいても良いかもしれません。

 

オーダーの受け取りから配達までの流れを動画で確認したり、報酬振込口座の登録や専用アプリの使い方など、本登録の手続きはおよそ30分~1時間程度で完了します。自転車(原付バイク)とスマホを持ち寄っておけば、バッグを受け取ったその場から配達を始めることも可能です。

↓以下が都内のパートナーセンターの場所です。水曜、日曜だと新宿パートナーセンターは休業しているため、大門や秋葉原のセンターまで足を伸ばす必要があります。

 新宿パートナーセンター

  • 住所:東京都新宿区西新宿7-9-16 西新宿メトロビル 3F
  • 最寄駅:新宿駅より徒歩7分
  • 営業時間:月〜火・木〜土(祝日含む)12:00〜19:00

近隣駐輪場はコチラ

 

秋葉原パートナーセンター

  • 住所:東京都千代田区神田須田町2-1-1 ザ・パークレックス神田須田町 4F
  • 最寄駅:秋葉原駅より徒歩5分、神田駅より徒歩5分、淡路町駅より徒歩4分、岩本町駅より徒歩4分
  • 営業時間:月〜日(祝日含む)12:00〜19:00

 

大門パートナーセンター

  • 住所:東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビル1F
  • 最寄り駅:新宿線大門駅
  • 営業時間:月〜日 12:00〜19:00

 

まとめ

荒川を越えて、西東京の方面でも進出した埼玉のUberEats。前回追加されたエリアと合わせて、周辺地域で料理を注文するお客さんはもちろん、配達パートナーにとっても利便性が向上しそうなアップデートとなりそうです。荒川を越えたこともあり、いずれはふじみ野市や川越市方面での追加にも期待できるかもしれませんね。

場所によっては急勾配や空白地帯も存在することから配達に手間取ったり、あるいはロング配達の可能性もありそう。また、実装後の注文状況によってはそのまま23区方面に吸い込まれてしまうこともあるため、あまり遠出が出来ない方はこの点に少しだけ注意が必要かもしれません。

 

 

その他、Uber Eats配達パートナー/副業をはじめるのに必要な知識など、初心者向けの情報を網羅した下記記事もご参考ください。

【特集記事】Uber Eats配達パートナー/副業で稼ぐための実践ガイドへ

 

なお、
Uber Eats配達パートナーをはじめてみよう!と思った方は、下記の公式募集ページへ進んでみましょう。

【公式サイト】Uber Eats配達パートナー公式募集ページへ