Uber Eats

【高校生もOK?】UberEats(ウーバーイーツ)配達パートナーって高校生でもできるの?→できる場合もある!

有資格や激務といった特別なケースを除き、最低時給が当たり前のアルバイト事情。

Uber Eats(ウーバーイーツ)ではマイペースに配達をこなしながら、ときには時給換算で1,000円以上稼げる(※注文・配達状況に左右されます)こともあるということで、自由なバイト感覚で大学生を中心に、続々と配達パートナーが参入している状態です。

今回は少し若い、高校生でもUberEatsの配達パートナーになれるのか?解説してみたいと思います。

Uber Eatsの配達パートナーは18歳以上から

3. 貴殿による本サービスの使用
ユーザーアカウント
本サービスの大半を使用するためには、貴殿はアクティブな個人的ユーザーサービスアカウント(以下、「本アカウント」)を登録し、維持しなければなりません。貴殿はアカウントを取得するために、少なくとも18歳又は貴殿の法域における成人年齢(18歳と異なる場合)に達していなければなりません。さらに、特定の本サービスの提供のために法的年齢要件がある場合には、貴殿は適用法を遵守しなければなりません。アカウント登録するためには、貴殿は、氏名、住所、携帯電話番号及び年齢、並びに一つ以上の有効な支払方法(クレジッドカード又は認められた支払パートナーのいずれか)などの特定の個人情報をUberに提出しなければなりません。

引用:Uber.com

題にもあるように、Uber Eats配達パートナーとなるための規約(※厳密にはサービス利用制限)は18歳以上と記載されており、基本的に高校生が該当しない年齢です。

登録のステップには書類提出による本人確認認証も含まれており、年齢を詐称することも難しそう。

上記の制限はUber Eats配達パートナーが、配達事業主として業務委託を受ける形のために、ある程度の自主性や責任能力が求められるためなのかなと思うところです。

言い換えると18歳以上であれば高校生でも配達可能

とはいえ、規約には【18歳以上】とだけ定められており、【高校生は不可】とは記載されていません

つまりは18歳の誕生日を迎えていれば高校生でもUber Eatsの配達パートナーになることが可能なのです。

高校三年生となると進学や就職準備でいろいろと忙しい時期ですが、すでに進路が決まっている場合などにはUber Eatsは卒業までの一時的な、あるいは大学生活にさきがけての試用的な目的として、有用な選択のひとつになるかもしれませんね。

 

ちなみに、学生に限っては2019年の3月より学生証+健康保険証を用いた配達パートナー登録が可能となりました。

免許を持たない高校生が多いことから、進路が決定した後に参加しやすい環境となりましたね!自転車で配達できる(むしろスタンダード)というのも学生との相性の良さがうかがえます。

高校生のUber Eats配達パートナーとして働く際の注意点

完全歩合制で時給などの保障はナシ!

Uber Eatsの配達パートナーは株式会社や有限会社といったどこかの企業に属するのではなく、自身が事業主となってUberEatsとパートナー契約を結ぶ形式となります。

つまり飲食店のようにお客さんが来なくても自給が保障される、ということはなく、純粋に配達をこなした分だけ自身の実入り・報酬となります。

つまりはオーダー待機をしていても配達依頼が入らなければ報酬はゼロ。状況によっては長時間待機していたにもかかわらず、都道府県の最低時給を下回るような報酬しか得られなかったということも珍しくありません。

研修や担当は存在せず、基本的に丸投げ

UberEatsでは配達パートナー本人が事業主となるために、アルバイト研修やマニュアルなどは存在せず、店長やマネージャー・チーフといった上位の責任者も存在しません。

基本的には配達パートナーに配達一連のすべてを一任されるため、配達スケジュールの設定なども自分で管理する必要があります。

いつ配達してもよい、いつ帰宅してもよい。これはおもにUberEats配達パートナーの良い点として支持されているところではありますが、自己管理に自信が無い方だとついついサボりがちになってしまいそうな点には注意が必要です。

逆に配達した数、頑張った分だけ直接的な報酬となるため、前向きな人であればクエスト感覚で報酬を積み重ねる楽しみを見いだせそうですね。

配達における自己責任、いわゆるクレームについてはUberカスタマー側で対処してくれますが、一時的に口頭でクレームを受ける可能性もあるため、ある程度のメンタルは必要となります。

労災などは下りないため、事故に注意!

上記のようにどこかの会社に属するわけではないため、配達中にケガをしたりトラブルに巻き込まれても基本的には自己責任・自己負担となります。例えば入院医療費などといった労災保険が支払われることもありません。

どの業種でもそうなのですが、Uber Eatsで配達パートナーを行う際は特に、交通事故をはじめとした安全面に気を使う必要が出てきます。

とくに18歳の高校生は進学や就職が控えている大事な時期であるため、交通安全には十分に注意の意識を持ちましょう。

成績や進路に影響を及ぼさないよう注意

他のアルバイトも同様に言えることなのですが、試験や受験を控えてのアルバイトは(※やむおえない理由を除いて)あまり褒められるものではありません。

学生さんの本業は勉学ということで、無理な活動は行わないようにしましょう。ケガのもとにもなります。

また、学校側にアルバイトの了承を得ていない場合、アルバイトに準する行為が発覚すれば何らかの処罰を受けてしまう可能性もあります。

学校側の許可もきちんと取るようにしてくださいね!

深夜時間帯の配達はNG

青少年育成条例によって深夜(※深夜時間帯の始めは22時~24時と自治体によって異なります)時間帯の外出は補導対象となるため、帰宅時間も考えて21時には配達を切り上げるようにしましょう。

例え18歳でも高校生は例外であり、18歳を迎えた翌3月31日までの期間は補導対象と決められていますのでご注意ください

補導が推薦をはじめとした進路に悪影響を及ぼす可能性もあるため、無理は禁物です。

まとめ

高校生で始めるUberEats配達パートナーの条件や心構えとしては、

  • 18歳以上であれば高校生でも参加可能
  • 22~24時以降の配達は18歳でも高校生だと補導対象
  • アルバイトに比べてある程度の自己責任意識が必要
  • 前向きでないとダレるかも?
  • 安全運転で、事故や怪我には細心の注意を払う
  • 学生は勉強が本業

これらが挙げられそうです。

一般的な高校1~2年生だとUber Eatsの利用は実質不可能ですが、就職や進学といった進路がすでに決まり、アルバイトが許可された環境であれば高校生でも配達パートナーとしてのチャレンジが可能となります。

面白そうだからやってみたい、稼げそうなのでやってみたいと動機は様々かもしれませんが、どうか安全運転&学校(社会)のルールを守って稼ぐようにしましょう!

その他、Uber Eats配達パートナー/副業をはじめるのに必要な知識など、初心者向けの情報を網羅した下記記事もご参考ください。

 

【特集記事】Uber Eats配達パートナー/副業で稼ぐための実践ガイドへ

 

また、
Uber Eats配達パートナーをはじめてみよう!と思った方は、下記の公式募集ページへ進んでみましょう。

【公式サイト】Uber Eats配達パートナー公式募集ページへ