Uber Eats

【差し入れやチップも?】Uber Eatsの配達エピソードを集めてみました

ひとりで気楽に、とはUber Eatsでよく耳にするワードですが、料理の受け取りや配達時には短時間ですが対面での対応が必要となります。

そこには思わぬ出来事も・・・今回はUber Eats配達時のエピソードをいくつかかいつまんでみたのでご紹介しようと思います。

色々な配達エピソードをご紹介

レストランや配達先から差し入れ!

栄養ドリンクをはじめとした差し入れをいただくことも多いUber Eats。

栄養ドリンクが好きだから、というよりもその心遣いがありがたいところですね。

こちらの方はピック先のレストランでホットな缶コーヒーをいただいたそう。

寒い日にはとてもありがたいですね。

 

期待するのも少し違う気がしますが、もらったときは素直に喜びたいところですね!

チップをもらえることも・・・!


配達パートナーがレストランやUber Eatsの従業員ではないというシステムを知っている方が多いためか、チップの文化が無い日本でもとくにタワマンや高級住宅街でチップを渡している方もいらっしゃるようです。

 

チップを渡す必要はありますか?
Uber Eats ではチップのお支払いは任意となっています。

引用:help.uber.com

ちなみにチップは支払い側、受け取り側ともに任意となっています。

デリバリー業務ではチップの受け取りを断るよう指導されているところも多いですが、このあたりはアメリカな会社っぽいと思うところですね。

 

本場のアメリカUber Eatsでは、注文画面でチップの設定が存在するようです。

あまり慣れない言葉ですが、チップをもらうことで配達パートナーのやる気が、配達スピードや応対の良さとなって向上していきそうですね。

破棄

Uber Eatsでは配達先(ドロップ先)が不在であったり、メッセージの応答が無い場合、あるいは料理を運んでいる際にキャンセルされた料理は配達パートナーが食べても良い決まりとなっています。

Uber Eatsではじつに様々な料理が取り扱われているので、思わぬ料理が降りかかってくることも!

 


続けて配達するには少し荷物なので、休憩も兼ねて公園などでいただきたいところですね。

すでに食後の場合は・・・捨てるのはしのびないので頑張って食べるか、次のご飯に回しましょう。

生ものの場合は・・・頑張って食べましょう!

 


キャンセル発生原因の多くはUber Eatsのシステム側に原因があるようですね。

注文者側はキチンと住所表記しているにも関わらず、ドライバー側では正確な住所が記載されていないことが多々あるようです。

わくわくして待つ料理が破棄されないようにするためにも、いつでもメッセージが受け取れるよう注文者もスマホを手放さないようにしておきたいところです。

巨大な荷物

ちなみにこのような物理的に無理があるオーダーの場合には、配達者都合で配達をキャンセルすることもできます。

この大きさだと原付バイクでもキビしそうですね・・・

まとめ

  • 差し入れをもらった
  • チップをもらった
  • 料理の消費を委ねられた

Uber Eatsで配達を行っていると、上記のようなエピソードは珍しいものではありません。

こういうこともあるんだな、と思うとやる気や配達にも熱がこもりそうですね!

 

 

なお、Uber Eats配達パートナー/副業をはじめるのに必要な知識など、初心者向けの情報を網羅した下記記事もご参考ください。

【特集記事】Uber Eats配達パートナー/副業で稼ぐための実践ガイドへ

 

また、
Uber Eats配達パートナーをはじめてみよう!と思った方は、下記の公式募集ページへ進んでみましょう。

【公式サイト】Uber Eats配達パートナー公式募集ページへ